daikoku.jpg




もう当たり前の風景になっていますが

ミナミのあたりは免税の看板と中国語が氾濫!!


実際、中国の方向けの商売ってどうなの??って思った訳ですが・・・


京阪神の百貨店で、訪日外国人観光客(インバウンド)の取り込みに

地域差が生じているらしい



大阪ではインバウンドの売上高が約2割を占める店舗がある一方、国際港湾を

擁する神戸は京都にも後れを取っており厳しい状況だ


神戸の百貨店は、伸び悩む国内景気を支える「爆買(ばくが)い」の取り込みに有効

な手だてを見いだせないでいるとのことだ



その反面で効果の高い大阪のインバウンドの中心は大丸心斎橋店だ!!



大丸心斎橋店は本館と南館、北館の3館があるが、

昨年末から建て替えのため本館を閉鎖している。これに伴い、南館と北館の売り場

を再編して、南館は地下を除く全フロアをインバウンド専用に衣替えした


同店では、売上高に占めるインバウンドの比率が年々拡大していて

2013年度の3・1%から14年度は7・8%へと急増し、15年度は15年11月時点で

19・6%に達しているらしい


しかし、商売だからしょうがないんですけど

もう日本人向けの百貨店ではなく免税店ですね!!


いっそのこと日本人用と外国人用でわけたほうがいい気もしますが

世の中、変わった行くものですね!!




賃貸



スポンサーサイト